欲しい・行きたい・食べたいをまとめたサイト

トップバナー

大阪初!会員制になる焼き鳥屋「熊の焼鳥」に行ってきた

大阪初!会員制になる焼き鳥屋「熊の焼鳥」に行ってきた

天満界隈で美味しい焼き鳥屋を探していたら気になるお店がありました。

なんでも、大阪で初めて、と言うか関西で初めての会員制になるという焼鳥屋「熊の焼鳥」です。
(東京には会員制の焼鳥屋は既にあるのかな?)

食べログでの評判も良さそうやし、会員制とかなんかいいじゃないですか(笑)

てことで友人を誘って行って来ました。

熊の焼鳥がある場所

レンガ通り入り口
引用:天神橋新聞 | 天神橋百景・レンガ通り

場所は天神橋筋6丁目にある「レンガ通り」の中にあります。

レンガ通りは昭和のレトロ感が残る道沿いで、スナックなどが立ち並ぶ通路です。
全町は100mも無いような短い通りですが、なかなかに味のあるお店が多く立ち並んでいます。

レンガ通り
引用:天神橋新聞 | 天神橋百景・レンガ通り

今回の熊の焼鳥はレンガ通りのちょうど真ん中あたりにあります。

熊の焼鳥外観

熊の焼鳥のメニュー

初めての方はおまかせコースを頼むのがベターだと思います。
コースは

おまかせ10串コース 2500円
おまかせ13串コース 3000円
熊の焼鳥スペシャルコース 10,000円(1日1組限定要予約)

の3種類。
スペシャルコースは鳥刺し25種盛りと串が10本、サラダ、一品、デザートが付きます。

鳥刺しは5種盛り、12種盛り、25種盛りがありますが、12種盛り以上はこちらも要予約です。

初めてである私は「おまかせ10串コース」と「鳥刺し12種盛り」を頼みました。

本当は鳥刺し5種盛りを頼む予定だったのですが、当日にドタキャンが発生したらしく12種盛りが余ってるとのこと。
これは頼むっきゃないでしょ(笑)

おまかせ10串コースと鳥刺し12種盛り

てことで、まずは「雲丹ムネ」が運ばれてきました。

雲丹ムネ

個人的にはこれが一番美味しかったです!
生のムネ肉に山芋ソースがかかっており、それを海苔で巻いて食べます。

名前的に、おそらく山芋にウニが入っているのでしょう。
もう一度いいますが、これは本当に絶品でした。

次に来たのは鳥刺し12種盛り。

鳥刺し12種盛り

肝やズリに心臓など定番のものから、「つくね」や「ハツ元(心臓の付け根)」、あとは名前忘れましたが珍しいものがたくさんありました。

これ、25種盛りだと他に何が来るんだろ・・・

タレは撮り忘れましたが、「胡麻油と塩」と「薩摩醤油」の2種類。
薩摩醤油、甘くて美味しいですよね。

ここから串が続きます。

まずは定番の「ももねぎ」。
さっそく旨い。

焼鳥 ももねぎ

お次は「丸ハツ」。
普通心臓って開いていますが、こちらはそのまま使ってます。

プリッとジューシーでした。

焼鳥 丸ハツ

お次は「ずり丸」。
ずりって店によっては焼きすぎてパサパサになってるとこもありますが、こちらは良い感じ。

しかも大きいのでその分ジューシです。

焼鳥 ずり丸

これは確か、「なんこつ」。
間違ってたらごめんなさい(笑)

焼鳥 なんこつ

これは途中で運ばれてきた口直し。
大根おろしと柴漬けを混ぜ合わせて食べます。
口が一気にサッパリします。

お口直し

口もサッパリ、リセットされたところで運ばれてきたのがみんな大好き「つくね」。
こちらは手前の一つは塩、奥の2つがタレという、1度で2度美味しい感じ。

ちなみにかなりホワッホワでした。

焼鳥 つくね

お次は「鳥皮」。
カリッ、ジュワ。

焼鳥 鳥皮

ここでサラダ。
程よいサイズ。

サラダ

たぶん「せせり」。
個人的にせせりは1位2位を争うぐらい好きな部位。

焼鳥 せせり

こちらは「梅やげん」。
梅といえば「ささみ」が多い気がしますが、熊の焼鳥ではやげんなんこつ使ってます。

焼鳥 梅やげん

ここにきて謎の食材。
店員さんに聞くと金針菜(きんしんさい)というユリの花の蕾なんだそう。

中華料理には良く使われるそうで、味は少し甘みがあってアスパラガスのような感じです。
普通に美味しくてもう1本食べたくなりました(笑)

金針菜(きんしんさい)

そして最後に手羽先でフィニッシュです。
これも外パリ中ジュワッで美味しかった。

焼鳥 手羽先

以上、鳥刺し12種盛りと10本コースでした。

10本コースの量は女性なら充分な量かなと思います。
ガッツリ食べたい男性の方には少し物足りないかも。

私はお酒を飲むと、食欲が増進するタイプやし少し物足りなかったです(笑)

ちなみにここの卵かけご飯は普通の卵ではなくて、卵になる前の卵(いわゆるキンカンや玉ひものこと)を使用してるので、締めに食べてもいいかもですね。

4月に大阪初の会員制焼鳥屋へ

そして、この「熊の焼鳥」さんは2016年の4月から大阪で初めてというか関西初の会員制焼鳥屋になるそうです。

3月頃に改装して、扉はホテルの部屋みたいにカードキーでしか開かないようにするんだとか。

会員登録は直接お店に行って、登録情報を書いて身分証明書(免許書でオッケー)をカメラで撮ってもらえばオッケーです。
あ、あと会員登録費2,000円必要ですが、3月にカードキーが登録住所に届くので、カード代と送料と割り切りましょう。

まとめ

「俺、会員制の焼き鳥屋知ってるねん」

この口説き文句を使いたい人は要チェックのお店だと思います(笑)

会員の募集もそろそろ定員を締め切られるみたいですので早めに行った方が良いと思います!
予約は必須ですよー!

熊の焼鳥
大阪府大阪市北区天神橋6-3-26 レンガ通り内 GoogleMAP
06-6353-6330
[日〜月]16:00〜ネタが無くなるまで。
不定休

追記:「会員証」兼「電子カードキー」が届きました♪

会社から帰って郵便ポスト見たら届いてました♪「会員証」兼「電子カードキー」!

可愛い熊のイラストがプリントされてて、封筒もなにやら高級そうな用紙でできています。

熊の焼鳥の「会員証」兼「電子カードキー」が届いた時の封筒の外観

中には「会員証」兼「電子カードキー」とメッセージや注意書き。
「会員証」兼「電子カードキー」もシンプルなデザインでいい感じです♪

表側にはイニシャルで自分の苗字と、会員番号が印字されています。
裏側は熊の焼鳥の住所と電話番号が書いています。

熊の焼鳥の「会員証」兼「電子カードキー」の中身

メッセージの内容で特記すべきは「滞在時間の延長」かな。

今までは1時間半~2時間ぐらいだったのが、基本的に2時間20分制に延長されたそうです。(予約時間によっては2時間制の場合もあり)

ちなみに会員証1枚あれば何人でも連れていけるみたいです(^^)
そのときに連れて行った友人は会員になれるんかなー。また行ったときに聞いてみよ。

SNSでシェア

関連記事

谷町四丁目「れだん」を再訪!ゆったりと懐石料理を食したい時に◎
谷町四丁目「れだん」を再訪!ゆったりと懐石料理を食したい時に◎

私の勤める会社は谷町4丁目の駅前にあるのですが、そこから徒歩数分のところにある懐 …

PREV
森山ナポリの冷凍ピザをお取り寄せしてみたら評判通りだった件
NEXT
キングダム最新刊(43巻)に付いてくる付録がヤバい!